鼻中隔延長の完全ガイド|ダウンタイムや失敗が不安な方へ

鼻中隔延長

上向きの鼻を改善したい、高い鼻を手に入れたいなど、鼻の悩みを抱えている方は、鼻中隔延長を検討することをおすすめします。
鼻中隔延長によって、日本人に多い鼻先の丸みの悩みを解消できます。

鼻のコンプレックスを和らげられる可能性がありますが、中にはダウンタイムや失敗が心配で一歩を踏み出せないという方もいるでしょう。

 

そこで今回は、鼻中隔延長の施術内容から値段の相場、ダウンタイム、失敗のリスクなどを詳しくご紹介します。

1. 鼻中隔延長とは

質問をする女性

鼻中隔延長とは、鼻先を高くしたり下向きに延長させたりすることで、いわゆる団子鼻を改善させる整形術です。似ている方法に鼻先に軟骨を入れる鼻先形成がありますが、従来の方法では実現できなかった形に整形できます。

施術内容

オープン法クローズ法がありますが、オープン法で行うことが多いです。鼻先の皮膚を剥がして、皮下組織を取り除きます。そして、尾翼軟骨を延長させるように剥がし、専用の器具で鼻中隔軟骨を採取します。採取した鼻中隔軟骨を重ねて継ぎ足すことで、鼻先を伸ばすことが可能です。

しかし、鼻中隔の軟骨を重ねて継ぎ足すだけでは、十分に延長できない場合があります。この場合は、耳介軟骨や肋軟骨などを使用します。従来は、吸収性プレートや豚の軟骨などが使用されていたこともありましたが、長期の安全性に疑問が残るため、現在ではあまり使用されていません。

耳介軟骨は、比較的容易に採取できますが、鼻中隔の軟骨よりも柔らかく厚いため、扱いが難しいという問題があります。また、肋軟骨は鼻中隔の軟骨よりも曲がりやすく、アンダーバストに傷跡が残るなど、デメリットが目立ちます。

しかしながら、耳介軟骨も肋軟骨も適切に用いることで失敗するリスクが低くなるため、十分な技術を持った医師に任せれば、とくに心配はいりません。

 

(※施術方法はクリニックやドクター、患者の状態によって大きく変わります。)

値段の相場

鼻中隔延長は自費診療であるため、医療機関によって料金が異なります。相場は、約50万から100万円です。術式やどれだけ鼻中隔を延長するかなど、さまざまな理由で料金が変わります。

そのため、カウンセリングの際に、どの程度の費用がかかるか確認しておきましょう。なお、料金が高いからといって、仕上がりがいいとは限りません。

医師の実績やカウンセリングの際の感触などを踏まえて、自分に合った医療機関で鼻中隔延長を受けましょう。

ダウンタイム

術後、約5日間はギプスで固定が必要です。その間、水で患部を濡らすことはできません。術後7日ほどで抜糸を行います。そこから先、少しずつ傷の状態が改善していき、数ヶ月で気にならなくなるでしょう。

2.鼻中隔延長のダウンタイムを複数の経過ブログから調べてみた

ブログを読んでいる女性の画像

鼻中隔延長の術後は、どのような経過をたどるのでしょうか。実際に鼻中隔延長を受けた人のブログから調査しました。

 

https://ameblo.jp/yuhangyuhang/entry-12379922465.html

こちらは韓国で鼻中隔延長術を受けた方のブログです。鼻中隔延長では、耳介軟骨を移植することがありますが、この方は寄贈された軟骨を使用しています。

手術を受けた当日から少しずつ腫れてきて、翌日には微熱や頭痛などもみられました。また、他の人にはないほど大きく腫れたそうです。2日目には、鼻の穴に軟膏を塗ったり消毒したり処置をされています。

術後1週間でギプスを取れたそうですが、まだ少し腫れていたとのことです。鼻の形もまだ安定していませんが、少しずつ安定していったそうです。術後11日目には、普段どおりに洗顔できるようになったそうですが、鼻に衝撃を与えないように注意が必要とのことです。鼻の腫れはほとんど目立ちませんが、わずかに赤紫色をしています。

肌の色が元通りになるまでには個人差があるため、あくまでも参考程度に知っておくことをおすすめします。

 

https://www.casphy.com/bbs/plasticsurgery/1202608/

こちらの口コミサイトには、「鼻中隔延長から7日目でもかなり腫れている」という声が多く投稿されています。また、「7日目あたりから少しずつ落ち着いていき、約1ヵ月かけて整っていった」という声もあります。そのため、鼻中隔延長は術後7日目あたりまでは腫れが大きく、術後約1ヵ月で状態が落ち着く傾向があるのだと考えられます。

また、術後3日目では腫れが非常に強く、まぶたまで腫れて涙が多量に出たとの声もありました。このように、鼻中隔延長を受けると周辺のパーツまで腫れることがあるため、マスクをするだけで腫れを隠せるとは限らないようです。

3. 失敗のリスクは?

心配な女性の画像

鼻中隔延長の失敗リスクは、それほど高くないと言われています

そもそも鼻中隔延長の「失敗」とは、どんな状態でしょうか?

鼻中隔延長の失敗とは、次のようなことを指します。

・鼻中隔を延長しすぎた

・鼻中隔の延長が足りなかった

・鼻中隔を延長したことで鼻のバランスが悪くなった

・医師の技術不足によって仕上がりに問題が起きた

・衛生管理不足によって術後に化膿した

鼻中隔の延長の不足や延長しすぎについては、医師の経験や技術、カウンセリングの質に問題があったと考えられます。具体的に、どれだけ鼻中隔を延長すれば自然な仕上がりになるのか、患者の意見を盛り込みつつ、十分に考えなければなりません。

また、予定よりも短くなったり長くなったりしないよう、十分な技術をもって手術する必要があります。未熟な医師に鼻中隔延長を依頼することで、失敗する恐れがあります。鼻のバランスが悪くなることも、医師の技術不足やカウンセリング不足が原因と言えます。

そして、衛生管理を徹底している医療機関で施術を受けることが大切です。衛生管理の徹底は当たり前のことですが、質の低い医療機関では手術に使用する器具を十分に滅菌できておらず、術後に化膿するなどトラブルが起こるケースがあります。

3. 鼻中隔延長の痛みや腫れはどれくらい?

鼻を隠したい女性の画像

鼻中隔延長の整形手術では、メスで切開するため、術後は痛みや腫れなどが起こります。術中は麻酔によって痛みを抑えられるため、強い痛みを感じることはありません。しかし、術後に麻酔の効果が切れると、痛みを感じるようになり、ときにはひどい痛みに襲われます。

術後の痛みについては「鎮痛剤で対処できる程度の痛みで、腫れもあまり心配いらない」と医療機関のホームページに記載されていますが、実際はどうなのでしょうか。

口コミサイトの投稿を見ると、痛みについては個人差が大きく、術後3日目でも強い痛みを感じている方もいるようです。中には、笑うなど鼻を動かすと痛みを感じる方もいます。 また、腫れがかなり大きいという意見も多くみられます。術後1週間で落ち着き始め、約1ヵ月ですっきりとした方もいます。

また、鼻中隔延長術を行う際の麻酔注射が痛いとの口コミもあるため、まったく痛みを感じずに整形手術を受けられるわけではないことを覚えておきましょう。術後の痛みや腫れのことも考慮して、できれば長期休みなどに受けることをおすすめします。

4. まとめ

鼻中隔延長を受けることで、日本人に多くみられる団子鼻を改善し、鼻の悩みを解消できる可能性があります。

ダウンタイム中は、鼻の腫れや痛みがひどく現れることもあるようです。麻酔や鎮静剤などで痛みに対処できますが、少なくとも麻酔注射の痛みや術後の軽い痛み程度は感じることになります。

また、整形手術と言えば失敗を心配する方もいますが、信頼できる医療機関で受ければ、それほど懸念することはありません。

医師の質や衛生管理などを確認し、信頼できる医療機関で鼻中隔延長を受けましょう。