シミ・そばかすを隠すメイク方法!おすすめ下地・ファンデ・コンシーラーを紹介

隠したい女性の画像

鏡を見る度に、シミやそばかすが気になっている人は多いものです。

そんなシミやそばかすを手っ取り早く目立たなくする方法と言えば、やっぱりメイクで隠す方法です。

ファンデやコンシーラー、化粧下地など、ベースメイクには様々なアイテムが販売されています。たくさんのアイテムがあるからこそ、いったいどれを選んだら綺麗にシミやそばかすを隠すことができるのか、とても気になりますよね。

そこで、この記事では、シミやそばかすを隠すのに使いたいベースメイクのアイテムをご紹介します。

また、シミを作らないための予防法や、できてしまったシミを除去する方法についても説明していきたいと思います。

 

シミ・そばかすを隠すメイクの基本、4ステップ

メイクしている女性の画像

シミ・そばかすをメイクで隠すためには、基本の4つのステップでベースメイクを重ねていくのがお勧めです。

1.化粧下地

まず、化粧下地を使用します。化粧下地には様々な効果を謳ったものが販売されていますが、シミやそばかすを隠すために選びたいのは、イエロー系やオレンジ系の化粧下地です。
イエロー系やオレンジ系の化粧下地を最初に塗ることで、シミやそばかすを目立たなくする効果がアップします。

2.ファンデーション

次に、ファンデを顔全体に塗ります。

ファンデには、主にパウダータイプとリキッドタイプがありますが、シミやそばかすを隠すためには、上にパウダーを重ねやすく、乾燥しにくいリキッドタイプがオススメです。

この際、シミやそばかすを隠そうと、気になる部分を厚塗りにする人がいますが、ベースメイクが厚くなると、どうしても老けた印象になってしまいがちです。

ファンデは顔全体に自然な濃さで、均一に伸ばしていきましょう。

3.コンシーラー

リキッドファンデを塗ったら、コンシーラーでシミやそばかすを隠します。

コンシーラーは気になる部分に指の腹などを使って、ポンポンを叩き込むように馴染ませます。色はファンデより1トーン濃い色を選ぶと、自然に馴染みます。

4.パウダー

最後に、パウダーを薄く重ねて出来上がりです。パウダーは透明や色のついたおしろいでも、薄付きのパウダーファンデを重ねても、どちらでも好みで大丈夫です。

ベースメイクを重ねることで、シミやそばかすは自然と目立たなくなります。

 

くれぐれもシミやそばかすを隠そうと厚ぼったいメイクにならないよう、透明感のあるナチュラルな雰囲気のベースメイクを心がけて、仕上げていきましょう。

 

おすすめコスメ・化粧品

シミやそばかすを隠すコスメとして使用したいのが、ベースメイクです。主なベースメイクには、化粧下地、コンシーラー、ファンデなどがあります。

ベースメイクで、シミやそばかすを隠すのにおすすめのアイテムをご紹介します。

 

下地

化粧下地の画像

シミ・そばかすを隠すためには、ファンデやコンシーラーも大切ですが、化粧下地選びも重要です。

シミ・そばかすを増やさないためには、ビタミンC誘導体やアルブチンなど、美白成分が配合されている化粧下地が効果的です。

一方で、シミ・そばかすそのものをきれいに隠したい場合には、イエロー系かオレンジ系の色付きの化粧下地を選びます。

 

■イプサ コントロールベイス イエロー(20g 2,800円)

肌に足りない光を補うことで、シミやそばかすの色ムラを目立たなくする効果があります。

Amazonで詳細をみる

 

■RMK ベーシックコントロールカラーN 01番、04番(30g 3,500円)

半透明のジェル状のコントロールカラーで、肌に密着してシミやそばかすを目立たなくします。ヒアルロン酸など保湿成分も配合されているので乾燥肌でも安心して使用できます。

Amazonで詳細をみる

 

■コフレドール ビューティエッセンスカラーヴェール コーラルピンク(25g 3,000円)

光コントロール効果の肌色を補正する機能で、シミやそばかすをフォーカスします。

Amazonで詳細をみる

 

■DHC Q10モイスチュアケアクリアカラーベース アプリコット、イエロー(30g 1,430円)

保湿成分のコエンザイムQ10が肌の潤いを守ります。光のヴェールで、シミ・そばかすをカバーします。

@cosmeで詳細をみる

 

どの商品も、紫外線カット効果があるので、シミ・そばかすを増やさないための予防としても効果的です。

 

 

コンシーラー

コンシーラーの画像

コンシーラーは、シミやそばかすが気になる部分にのみ使用するアイテムなことから、一度に使う量はごく少量です。ロングセラーから、最近評判の良いものまで、様々な商品があるので、自分がこれだと思う使いやすいものを見つけてみましょう。

 

■資生堂 スポッツカバーファウンデイション(20g 1,200円)

1980年発売のロングセラーです。あらゆるタイプのシミやそばかすを、優れたカバー力で目立たなくします。

→Amazonで詳細をみる

 

■カバーマーク ベーシックフォーミュラー (11g 2,800円)

汗や水に強いので、季節やシーンを問わず、シミやそばかすをカバーできます。

→Amazonで詳細をみる

 

■カバーマーク ブライトアップファンデーション(3g 3,500円)

特殊パウダーのソフトフォーカス効果で、シミやそばかすを目立たなくします。

→Amazonで詳細をみる

 

■イプサ クリエイティブコンシーラーEX(4.5g 3,500円)

赤みのある独自の色調設計で、シミやそばかすを周囲の肌色と同化して、目立たなくします。

→Amazonで詳細をみる

 

■メイベリンニューヨーク フィットミーコンシーラー(6.8ml 1,000円)

よれにくく長時間肌にフィットして、シミやそばかすをカバーします。

→@cosmeで詳細をみる

 

■ノブ コンシーラー(1,500円)

敏感肌でも安心して使える仕様のコンシーラーです。シミやそばかすをしっかり肌に密着してカバーします。

→@cosmeで詳細をみる

 

ファンデ

ファンデーションの画像

シミ・そばかすを隠すためには、化粧下地にファンデ、コンシーラーにパウダーと、ベースメイクをいくつも重ねることから、パウダーばかりを重ねてしまうと、どうしても乾燥しやすくなってしまいます。

このことからも、ファンデは保湿力があって、上にパウダーを重ねやすいリキッドタイプのファンデがオススメです。

 

■クリニークのイーブンベターグロウメークアップ15(30g 4,800円)

光を反射するピグメントで、シミ・そばかすをフォーカスし、周囲の肌と均一な状態に仕上げることができます。

→@cosmeで詳細をみる

 

■エスティローダーのダブルウェアステイインプレイスメークアップ(30ml 6,000円)

滑らかに伸びて、シミ・そばかすの気になる肌にフィットします。色移りしにくく、セミマットな仕上がりが持続します。

→Amazonで詳細をみる

 

■RMKのリクイドファンデーション(30ml 4,500円)

シミ・そばかすをナチュラルにカバーしながら、肌にフィットします。

→Amazonで詳細をみる

 

■レブロンのカラーステイメイクアップ(30ml 2,000円)

マットな仕上がりで崩れにくく、気になるシミ・そばかすを自然にカバーします。

→Amazonで詳細をみる

 

■KATEのシークレットスキンメイカーゼロ(30ml 1,600円)

ハイカバー&スムース処方で、シミ・そばかすに対しても高いカバー力なのに、肌馴染みのよい仕上がりです。

→Amazonで詳細をみる

 

■メイベリンニューヨークのフィットミーリキッドファンデーション(1,500円)

軽いつけ心地なのにカバー力の高いファンデです。シミ・そばかすの気になる肌をカバーしながら長時間テカリを防ぐ効果もあります。

→Amazonで詳細をみる

 

どれも、カバー力や仕上がりが高評価のリキッドファンデです。

これ以外にも、近年人気のリキッドファンデをスポンジに浸み込ませたような形状をしている、クッションファンデもシミやそばかすを隠すのに適しています。

 

■メイベリンニューヨークSPクッションウルトラカバークッションBB(2,400円)

素肌感を残しながら、シミ・そばかすをしっかりカバーできます。

→Amazonで詳細をみる

 

■ランコム ブランエクスペールクッションコンパクトH(6,500円)

シミ・そばかすをカバーしながら、ツヤのある肌を実現できるファンデです。6種類のスキンケア成分がシミの生成を抑制するので、未来のシミ予防にも効果的です。

→Amazonで詳細をみる

 

プチプラ

プチプラの画像

1,000円以下で気軽に購入できる、プチプラコスメの中にも、シミやそばかすを隠すのに効果のあるアイテムがあります。ベースメイクをいくつも揃えるからには、できればコスパの良い手頃なアイテムで済ませたいと思う人は、チェックしてみましょう。

 

■無印良品 ベースコントロールカラー イエロー(30g 879円)

紫外線カット効果もある、人気の化粧下地です。シミ・そばかすのある肌をカバーしながら、オリーブスクワランやカミツレ花エキスなどの植物性保湿成分で、肌の潤いを守ります。

→@cosmeで詳細をみる

 

■キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラーUV(780円)

未来のシミ・そばかすを防ぐ効果もある、ロングセラーのコンシーラーです。シミ・そばかすに対するカバー力に定評があります。

→Amazonで詳細をみる

 

■キャンメイク カラーミキシングコンシーラー(750円)

パレットタイプのコンシーラーなので、自分のシミやそばかすに合った色でカバーすることができます。

→Amazonで詳細をみる

 

ファンデーション

ファンデは、プチプラの価格帯でもたくさんの種類があります。

 

■セザンヌ UVリキッドファンデーションR(30ml 650円)

水や汗に強いウォータープルーフタイプのリキッドファンデです。シミ・そばかすに対してもカバー力があり、マットな仕上がりです。

→Amazonで詳細をみる

 

■ちふれ UVリキッドファンデーション(30ml 850円)

保湿効果が高く自然な仕上がりの、リキッドファンデーションです。シミ・そばかすをしっかりカバーできます。

→Amazonで詳細をみる

 

■セザンヌ BBねりパクト(680円)

75%が美容液成分のねり状固形のファンデです。化粧下地や乳液、美容液の役割も一度に果たすことができる便利なアイテムなのに、シミ・そばかすをしっかりカバーできます。

→Amazonで詳細をみる

 

■ちふれ メーキャップファンデーション(25g 300円)

のびが良く、シミ・そばかすをカバーし、ツヤのある仕上がりのファンデです。保湿効果が高いので、乾燥肌にもお勧めです。

→@cosmeで詳細をみる

 

シミを予防する方法

女性皮膚科医がOKをしている画像

シミを予防する方法は色々ありますが、その前にまず知っておきたいことが、シミができる原因です。

シミができる原因

シミができる主な原因は紫外線です。

無防備な状態で紫外線を浴び続けていると、本来肌を紫外線から守るはずのメラニン色素が、過剰に作られます。また、紫外線によって肌の潤いバランスも崩れることから、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーも乱れてしまいます。

そのため、本来排出されるはずのメラニン色素が肌に残ることになり、シミの原因となります。

 

紫外線以外にも、女性ホルモンの乱れや、日々のストレス、睡眠不足や不規則な食生活、スキンケアやメイクをする際の摩擦などの刺激も、シミの原因となります。

3つの予防方法

 

シミを予防するのに効果的な方法は、主に3つあります。どれも生活習慣として気軽に続けていけるものなので、ぜひ実行してみましょう。

・紫外線対策

シミを予防するためには、まず紫外線対策が最も大切です。

日焼け止めや紫外線カット効果のある化粧下地、ファンデなどを、どれか一つのアイテムでいいので、季節を問わず毎日使用するようにしましょう。

また、海や山、遊園地やスポーツ観戦など、屋外で過ごす時間が長い場合には、日焼け止めやファンデのこまめな塗り直しも必要です。

化粧品と併せて、帽子や日傘、UVカット効果のある上着などを併用して、効果的にシミを予防していきましょう。

・基本的なスキンケア

シミを予防するための基本的なスキンケアには、肌のターンオーバーのサイクルをしっかり整える保湿ケアと、未来のシミを作りにくくする美白ケアが効果的です。

毎日朝と晩に洗顔をして、肌の汚れや古い角質を落とすのは勿論のこと、保湿効果の高い化粧水や美容液を使用して、角質層にたっぷり水分補給をしていきましょう。

また、夏など暑い季節は、べたつくのが嫌でクリームや乳液をつけない人が多いですが、スキンケアの保湿効果を持続させるためにも、クリームや乳液は必ず最後につけるようにすることが大切です。

保湿効果のあるアイテムに、更にアルブチンやビタミンC誘導体など、美白効果のある成分が配合されたアイテムを取り入れると、メラニン色素の生成を阻害するので、未来のシミを作りにくくする効を高めることができます。

毎日の保湿ケアと美白ケアをしっかり行って、正常なサイクルでターンオーバーを繰り返すことができる、シミができにくい肌を目指していきましょう。

・ビタミンCの摂取

ビタミンCは美白成分として知られていますが、実はビタミンCの効果はこれだけではなく、肌本来の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進して肌の潤いを高めたり、メラニン色素の生成に関わる、チロシナーゼという酵素の働きを阻害する作用もあります。

このため、食べ物やサプリメントとして摂取しても、シミ予防の効果を実感することができます。
但し、一日のサプリメントで摂取する量の上限は、1,000mgとされています。

野菜や果物などの食品から摂取する場合は心配ありませんが、サプリメントを使用する場合は摂取量に注意して、続けていきましょう。

 

シミを除去する方法

シミを除去する方法として、おすすめの方法はレーザー治療です。

レーザー治療が一般的

シミに効果があると謳っている化粧品やサプリメントはたくさんありますが、実際のところシミを綺麗に消すことは、なかなか難しいものです。

そんなシミを除去する一般的な方法は、美容クリニックや皮膚科で行われている、レーザー治療です。

シミのある部分にピンポイントで強いレーザーを照射するタイプのものや、顔全体に広がる薄いシミや背中のシミの治療に向いている、弱いレーザーを広範囲に照射するものなど、シミの種類や大きさ、濃さによって、さまざまな種類のレーザー治療があります。

ただし、治療した箇所が一時的に火傷のような状態になることから、ダウンタイムと言われる治療箇所の保護とケアが必要な時期が、1週間から数週間続きます。

その間は処方されたテープや塗り薬を使用したり、マスクをかけて紫外線から治療箇所を守る配慮も必要です。

しかし、レーザー治療を受ければ、シミをほとんど目立たない状態に消すことができることから、シミを確実に除去したい場合には、お勧めの治療法と言えます。

 

まとめ

シミ・そばかすを隠す方法は、意外と身近なアイテムを使用して簡単に行うことができるものです。

紫外線対策や食生活に気を付けて、シミ・そばかすを予防していくことももちろん大切ですが、できてしまったシミは、ベースメイクで綺麗に隠すこともできますし、レーザー治療で消すことも可能です。

いつものメイクや食事、紫外線対策を少しだけ工夫して、まずはシミやそばかすを増やさない、気にならない生活習慣から、始めてみましょう。