【そばかすを消す完全ガイド】自力でのケア・予防法や、メイクで隠す方法も紹介

「毎朝、鏡をみると憎き「そばかす」がポツポツとできている。」

「鏡を見るたびに、そばかすが気になる。」

そんな人にぜひ知ってほしい「そばかすを消す」ための情報をすべて、この記事にまとめました。ぜひ、読んで参考にしてください。

この記事では、

  • そばかすとは何か
  • あなたのそばかすの原因
  • そばかすを「確実に」消すためのたった1つの方法
  • 小中学・高校生のためのそばかす対策
  • そばかすを隠す日々のメイク方法
  • これ以上そばかすを作らない予防方法

 

について解説していきます。

 

この記事を読んでいただければ、

あなたがそばかすを消すために「何をすればよいか」がわかるでしょう。

 

1.そもそも「そばかす」とは

そばかすとは?と思っている女性の画像

鏡を見れば、否が応でも目に入ってくる、憎きそばかす。ついつい、ため息がでてしまうこともあるでしょう。

でも、あなたは、そばかすのことをどれだけ理解しているでしょうか。「そばかすの正体って何なの?」と聞かれたら、きちんと答えられる自信がありますか?きっとほとんどの人は、即答できないはずです。

では、「そもそも、そばかすって何なの?」という疑問について、詳しくお話したいと思います。

シミとの違い

そばかすとよく似ているものに、“シミ”というものがあります。そう、おじさん・おばさん以上の年齢の人たちの顔などによくみられる、茶色い斑点のようなもののことです。

「そばかすって、要はあのおじさん・おばさんによくできるシミと同じものなんでしょ?」と思っている人は、非常に多いかもしれません。しかし、シミとそばかすは、とても似ているけれど、まったく違うものなのです。

・シミっていったい何なの?

では、まずシミについてご説明しましょう。シミとは、簡単に言えば、“一般的に30代以上の男女の肌に見られる、5ミリ以上の茶もしくは黒の斑点状のもの”を指します。

シミができる原因は、以下の3つです。

原因その①→強い紫外線
原因その②→肌のターンオーバーの乱れ
原因その③→女性ホルモンの影響

・じゃあ、そばかすって何?

では、そばかすとは何でしょうか。

一般的にそばかすとは、細かい点状に現れる色素班のことを指します。シミは5ミリ以上と定義されていますが、そばかすは5ミリ以下の小さな点状のものです。

主に、幼児期から出現しはじめ、思春期世代に差しかかるころには、色が濃くなっていく傾向にあります。そのため、そばかすに悩む10代が多いのです。

そばかすの大半は、両方の頬(ほお)を中心に現れます。その様子が雀の卵の殻の模様によく似ていることから、“雀卵斑(じゃくらんはん)”とも呼ばれています。

そばかすができる6つの原因って?

そばかすが気になる女性の画像

そばかすができる原因は、主に6つです。

  1. 紫外線
  2. ストレス
  3. 睡眠不足
  4. 栄養不足
  5. 間違ったスキンケア方法
  6. 遺伝

一つひとつ、ご紹介していきましょう。

原因その① 紫外線

紫外線を大量に浴びることで、皮膚の深部にあるメラノサイトが刺激され、メラニン色素がたくさん作られてしまいます。

原因その② ストレス

人はストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾール、別名“ストレスホルモン”を分泌させます。このコルチゾールが大量に分泌されてしまうと、体内で活性酸素がたくさん作られます。活性酸素は、肌の老化を促します。その結果、ターンオーバーが乱れ、余分なメラニン色素が排出されなくなるのです。

原因その③ 睡眠不足

私たちの肌は、夜、眠っている間に、新しい皮膚に生まれ変わっていきます。夜の22時から深夜2時時のあいだが、肌の生まれ変わりのゴールデンタイムとされています。

この時間帯にぐっすり熟睡していることが、美しい肌のために必要です。睡眠不足になると、肌のターンオーバーが乱れ、メラニンがどんどん肌深部に蓄積されていくことになるのです。

ついついスマホを触ってしまい夜更かししてしまうのも分かりますが、そばかすを消すためにグッとこらえてスマホを置いて寝ましょう。

原因その④ 栄養不足

肌はターンオーバーによりおよそ28日周期で生まれ変わりますが、そのことには、私たちが食物から摂取する栄養素も、深く関係しています。つまり、肌の生まれ変わりをサポート、または促進させる栄養素があるのです。

いくつかご紹介しましょう。

・ビタミンC

これは有名なので、ご存じの方も多いでしょう。ビタミンCは、メラニン色素の過剰な生成を抑える働きがあります。また、シミやそばかすが色素沈着を起こすのを防いだり、コラーゲンを作る働きもあるため、肌をふっくらさせます。抗酸化作用があり、活性酸素を減らす作用もあるため、シミやそばかすが肌に定着するのを防ぎます。柑橘類やいちご、キウイなどのフルーツにたくさん含まれています。

・ビタミンB

口内炎の治療などにもよく用いられるビタミンBですが、肌の成長に大きな影響力を持っています。不足すると、ニキビや吹き出物ができやすくなったりと、トラブルが起こってしまいます。豚肉はビタミンBを豊潤に含んでいますが、納豆や牛乳にも含まれています。また、ほうれん草など緑の野菜にもたくさん含まれていますよ。ビタミンCを含む食材と一緒に摂取すると、さらに効果的です。

・ビタミンE

肌内部の血流をよくしてくれる働きがあります。血流がよいということは、それだけ多くの酸素を運んできてくれるということで、肌の生まれ変わりが促進され、過剰なメラニン色素を排出してくれます。また、活性酸素を除去してくれる作用もあるため、シミやそばかすが肌に定着しにくくなります。アーモンド、かぼちゃ、ナッツ類、アボカドなどにたくさん含まれています。

・βカロチン

にんじんやかぼちゃにたくさん含まれているβ(ベータ)カロチンですが、過剰な活性酸素をなくしてくれます。また、βカロチンの一部はビタミンAに変化し、ほかの栄養素の効果をさらに強めてくれるサポートのような役割にもなります。βカロチンが含まれているものは、油で調理すると、なおいっそう体が吸収してくれます。

もちろん、上記の栄養素だけを摂取していればいい、というわけではありません。

大切なのは、いろいろな食材から、さまざまな栄養素をとることです。

 

そばかすに悩む年頃の方は、ダイエットにも興味があるかと思いますが、「絶食する」「ある食材だけに偏る」などの無理なダイエット法は避けましょう。そしてバランスのよい食事を心がけ、運動するようにしましょう。

そうすることで、そばかすができにくくなりますし、健康的に痩せることができますよ。

原因その⑤ 間違ったスキンケア方法

そばかすが気になる年代は、ニキビなどに悩んでいる方も多いでしょう。ベタベタした肌だとニキビが増えるからと、必要以上に顔を洗ったり、化粧水も乳液も塗らない、といったことはないでしょうか。

結論から言えば、そのスキンケアは間違っています。肌が水分不足になってしまうからです。肌の水分が少なくなれば、皮脂の分泌量が増えてしまってニキビも増えるし、何よりそばかすも増えてしまいます。

なぜなら、水分が不足してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまうのです。そうなると、外部からの刺激……つまり紫外線などから、肌を守ることができなくなります。その結果、メラニン色素がどんどん作られてしまい、肌の深部からそばかすが浮き上がってくるのです。

原因その⑥ 遺伝子のしわざ

実は、“そばかすができやすい体質”というものは存在します。つまり、そばかすができる原因は、両親からの遺伝によることも多いのです。

2.そばかすを確実に消す、たった1つの方法

方法を紹介する女性の画像

自力でそばかすを完全に消すことは、非常に難しいです。
やはり、医学の力が必要です。つまり、そばかすを“確実”に消すたったひとつの方法とは、皮膚科での治療です。

では、そばかすを消す治療には、いったいどんなものがあるのでしょうか。いくつかご紹介します。

レーザー治療

そばかすがある部分にレーザーを照射してメラニン色素を破壊し、消すことができる治療法です。茶色の色素のみに反応するレーザーを使うことで、肌を傷つけず、確実にそばかすを消すことができます。

照射後、そばかすの部分はかさぶた状になりますが、数日ではがれ落ちます。これをそばかすが消えるまで繰り返します。

フォトフェイシャル

消したいそばかすの部分に、専用のジェルをのせていきます。そして、その上から光を照射することで、肌の深部に蓄積されていたメラニン色素を浮き上がらせていきます。

浮き上がったメラニン色素は、かさぶた状になり、やがて剥がれ落ちます。そうして、そばかすが徐々に薄くなっていくのです。

飲み薬

主には、ビタミンC、トラネキサム酸、L-システイン、ビタミンEを内服します。これらの成分は、メラニン色素の肌表面への沈着を防ぎ、さらには排出させる働きがあります。なかでもよく処方されるのは、ビタミンCです。

ケミカルピーリング

肌表面に特殊な薬剤を塗り、角質を人工的に落とし、新しい皮膚へと生まれ変わらせる治療です。ケミカルピーリングを行うことで、肌のターンオーバーが促進され、何もしないよりも早くそばかすを表面に浮かび上がらせることが可能です。
回数をこなすことで、徐々に薄くすることができます。

自然な肌のターンオーバーを人工的に早める方法なので、少なからず負担がかかります。肌が弱いと自覚がある方は、医師と相談のうえで行うのがよいでしょう。

塗り薬での治療

ビタミンC誘導体、トレチノイン、ハイドロキノンなどの、美白およびターンオーバー促進効果のある成分が含まれた薬をそばかす部分に塗ることで、徐々に薄くしていく治療法です。

かなり長期戦の治療法です。良くなるまでに、2~3年かかることもあります。
すぐの効果を期待する方には、おすすめできない方法です。

 

以上、皮膚科などで行われているそばかすの治療について、いくつかご紹介しました。

しかし、ぜひ知っておいてほしいのは、10代など若い方のそばかすの場合、年齢を重ねるにつれて自然に消えてしまうこともあることです。

そのため、しばらく様子を見て「自然とそばかすが薄くなっていくかどうか」確かめるというのも(時間はかかりますが)選択肢のうちのひとつです。

3.小学生・中学生も、そばかすに悩んでる!どうしたらいい?

そばかすがある女の子の画像

小学生・中学生の年頃は、ちょうどそばかすが気になり始め、悩みに変化する頃でしょう。

そばかすに悩む若い世代の方に声を大にして忠告したいことは、

とにかく、絶対に日焼けをしないこと!

です。小学生・中学生の方々は、まだ紫外線対策の重要さを知らない場合が多いでしょう。
しかし、紫外線は、そばかすを増やし、色濃くしてしまう作用があります。無頓着に紫外線を浴び続ければ、確実に後悔することになります。

今は、ドラッグストアに行けば、安価でも効果が高い日焼け止めが年中販売されています。また、日焼け防止効果を高めた帽子もあります。
こういったものを利用し、夏だけでなく春秋冬も、出かける前にしっかりと日焼け止めを塗り、帽子をかぶって徹底的に肌を紫外線からガードしましょう。とにかく、“うっかり日焼け”をしないことが大切です。

とくに、運動部に所属していたり、アウトドアが趣味な方は、さらなる注意が必要です。もちろん、普段の屋外での体育の授業などにおいても、しっかり紫外線対策するようにしてくださいね。

小学生・中学生のそばかすは、そのうち勝手に消えてしまうこともあります。とはいえ、今あるそばかすをこれ以上増やさない、濃くしないためにも、日焼け止めや帽子をしっかり利用して紫外線を徹底ガードしましょう。

 

4.そばかすを隠してきれいな肌に見せたい……オススメのメイク方法

メイク道具の画像

そばかすを治すためにはどうしたらいいのかは分かったけれど、今すぐ目立たなくさせる方法って、何かあるかな……。そんな気持ちの方は多いと思います。

もちろん、そばかすを効果的に隠す方法があります。メイク次第で、そばかすを目立たなくさせることは、十分可能です。

コンシーラーを使ってみよう

コンシーラーの画像

コンシーラー”をご存じでしょうか。コンシーラーは、そばかすやシミ、ニキビ跡など、肌の気になる部分に丁寧に塗ることで、それらをかなり目立たなくさせることができる化粧品です。

使い方は、まずコンシーラーを指の腹に少量とって、そばかすの気になる部分にポンポンとなじませます。この時、注意しなければならないのが、多く塗りすぎないということ。

「たくさん塗ったほうが、より目立たなくなるんじゃないの?」と多量に塗ってしまうと、いかにも「コンシーラー塗ってます!」といった感じになり、その部分が目立ってしまいます。1回にとる量は少なく、鏡で見た感じを確認しながら叩くように塗ることで、そばかすをきれいにカバーできますよ。

また、コンシーラーは、素肌の色と同じくらいか、やや暗めの色を選ぶことがポイントです。素肌よりも明るい色を選んでしまうと、その部分だけが色味が浮き上がり、逆にそばかすが目立ってしまうのです。

それから、必ず“指の腹”で叩くようにつけることが大切です。コンシーラーのなかには、チップのようなものがついている場合もありますが、必ず指の腹を使って肌につけるようにしてください。自然な感じに仕上がります。

コンシーラーを塗ることができたら、上からパウダーをつけましょう。パウダーは絶対つけなければならないというものではありませんが、よりそばかすを隠し、きれいに仕上げることができます。

大人の女性が使うような高価なパウダーファンデーションでなくても、大丈夫です。ドラッグストアに行けば、小学生、中学生向けの安価なパウダーがありますよ。

コンシーラーがうまく塗れない……ほかに方法はある?

コンシーラーは、通常のリキッドファンデーションなどに比べ、固めに作られています。そのほうが、しっかりとそばかすやシミ、ニキビ跡をカバーできるからです。

しかし、だからこそ、“しっかり塗りました感”が出てしまうのも否めません。うまく扱うことができなければ、逆効果になってしまうことも。メイクしなれていない小学生・中学生には、ややハードルが高い化粧品かもしれません。

そんな方には、リキッドファンデーションをうまく使う方法をご紹介します。

  1. ①まず、手の甲に少量のファンデーションを取る。
  2. ②指の腹でくるくると円を描くようにファンデーションを甲に塗り付け、油分を揮発させる。
  3. ③徐々にファンデーションの触感が固くなってくるので、それをそばかすの気になる部分に、ポンポンと叩くようにつける。(コンシーラーの使い方と同じです)
  4. ④パウダーで仕上げる。

これはプロのメイクアップアートストが、モデルの肌の色に合うコンシーラーがない時に編み出した方法です。このやり方でも、きれいにそばかすをカバーできますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

5.あなたの肌にそばかすを作らせないための5つの予防法、教えます

女性皮膚科医がOKをしている画像

ここからは、そばかすを予防するために小学生・中学生でもできることについて、ご紹介します。

予防法その① とにかく紫外線を避ける!

先にもお話しましたが、小学生・中学生は、大人よりも紫外線にさらされる機会が多いでしょう。とにかく、朝起きたら出かけるまでに、日焼け止めをしっかり塗り、帽子をかぶることです。これは、徹底して行いましょう。

予防法その② 自分なりのストレス解消法を持つ!

ストレスは、体に不調を与えるだけでなく、そばかすにも悪影響を及ぼします。心が疲れていると感じたら、できるだけ「気持ちいい」「心が楽になる」と感じることをするようにしましょう。

読書に没頭してもよいですし、友達と騒いだり、恋人とデートするのもよいでしょう。あなたなりにしっかりとストレス解消できる方法を持っていてください。

予防法その③ 夜の22時になる前には必ず布団に入っておく!

肌は、夜22時~深夜2時のあいだに、新しい肌に生まれ変わります。そばかすを薄くさせるターンオーバーをしっかり効果的に行わせるためにも、夜22時~深夜2時の時間帯にぐっすり眠っていることが望ましいです。22時になる前には布団に入る習慣をつけるようにしましょう。

予防法その④ 栄養バランスのとれた食事をしっかり摂ろう!

そばかすをきれいにしたくても、スリムな体になりたくても、栄養バランスのとれた食事をしっかり3食とも食べることが、非常に重要です。きれいな肌は、健康な体でなければ手に入れることができないのです。

野菜、フルーツ、肉類などを、意識してしっかり食べるようにしてくださいね。
そうすれば、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB、βカロチンなど、そばかすによいとされる栄養素をしっかり摂取できます。

面倒くさいからお菓子やファストフードで食事を済ませちゃおう、痩せたいから食事はしない、なんていうことは絶対NGであることを忘れないでください。

予防法その⑤ 正しいスキンケアを朝晩行う!

小学生・中学生くらいの世代の方は、まだスキンケアには疎いかもしれません。しかし、そばかすをきれいにしたいのであれば、しっかりスキンケアを行うことが大切です。

スキンケアは、“保湿”“美白”の2本柱で行うようにしましょう。

  1. 洗顔料で汚れや余分な角質をしっかり落とし、
  2. 化粧水でしっかり水分を補給し、
  3. 美白効果のあるクリームをそばかすが気になる部分に塗りこみ、
  4. 最後は乳液を塗ってふたをする。

この一連の作業を、毎日朝晩、必ず行うようにしてください。朝は、この後、しっかり日焼け止めを塗ってくださいね。

ビタミンC誘導体や、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキスなどが入った化粧品は、メラニン色素を排出させる美白効果があります。

また、日本で昔からよく使われている日本酒や米ぬか、ハトムギが配合された化粧品も、美白および保湿に優れています。こういった化粧品を、スキンケアに取り入れるのもよいでしょう。

化粧品を購入する際には、成分を見て、美白効果、保湿効果のあるものを購入するようにしてくださいね。

6.まとめ

以上、そばかすとは一体何か、そばかすができる原因、医療的な治療法、小学生・中学生でもできるそばかす対策についてお話ししました。以下、簡単にまとめてみます。

〇そばかすは、シミとは違う。5ミリ以下の細かい色素班であり、幼児期から思春期の頃に発症する。

〇そばかすができる原因は、紫外線ストレス睡眠不足栄養不足間違ったスキンケア遺伝など。

〇皮膚科で受けられるそばかす治療は、塗り薬飲み薬ケミカルピーリングフォトフェイシャルレーザー治療などがある。

そばかす隠しのメイク方法はコンシーラーをうまく使うこと

〇そばかすを作らないための予防法は、

・紫外線を避ける
・自分なりのストレス解消法を持つ
・22時前には必ず布団に入る
・栄養バランスのとれた食事をとる
・正しいスキンケアを朝晩行う

が大切。

この記事を読んでいる方は、そばかすに悩んでいる、何とかして改善したいという方が多いと思います。そういった方々の、少しでもお役に立てることができたのであれば、嬉しいです。